柴犬が嘔吐をしてしまう原因は飼い主にあることがほとんどです。

TOP > 関連ページ > 嘔吐する原因

柴犬専門サイト

嘔吐をする原因

柴犬が嘔吐する場合、まず心配ないものなのか病気によるものかを見分けることが大切です。というのも、ほとんどの場合、心配することのないケースがほとんとです。

生理現象として嘔吐をしてしまうことがありますが、散歩途中で草を食べて吐き出すのは内蔵をきれいにするための処理ですし、間違えて味が濃すぎるものを与えたような場合に吐くのも人間と同じで正常な行動です。

このような正常な場合以外では、中毒や肝疾患、寄生虫やウイルス性の腸炎などが主な原因として考えられます。

例えば1日のうちで何度も柴犬が吐いてしまい、食欲も元気もない、便の具合が悪い、吐く時に苦しそう、うめき声が出ている、などの場合は早めに病院で診て貰うようにしてください。何らかの病気にかかっている可能性が大です。

また病院に行くときはビニール袋などでしっかり包み、吐いたものを持っていくとより詳しく診察してもらえます。

病的な嘔吐で最も多いと言われている原因が過食や食中毒ですが、血が混ざっていたり食後のタイミングですぐに吐いてしまう、血でも茶色っぽい色になって混ざっているような場合は、重症度が高い場合があります。

他には、飲み込みが悪くて形そのままに吐き出すタイプもありますが、食道より下ではなく口腔内や喉などにトラブルが起こっていると考えられますので、普段の食事の食べ方などを観察して、飼い主さんが一応の検討をつけて処置したり、もちろんわからない場合は獣医さんに診て貰うのが妥当です。

初心者の飼い主さんでよくあるミスが、家族が食べているもの、残り物をおいしいからといって柴犬にどんどん食べさせてしまうケースです。

このような習慣を付けると塩分過多や脂質過多を起こして、柴犬の体は徐々に参ってしまいます。飼い主としては食べさせてあげたいという優しい気持ちでやっていることも、柴犬にとっては逆効果で、体を壊してしまうことがあります。

他にはおもちゃを飲み込んだりして長い間出てこないまま消化不良を起こし、吐きっぱなしになったりする場合もありますので、飲み込みやすいと気づいたら柴犬のそばから離してしまうことが肝心です。