柴犬のトイレのしつけ方はあるポイントを掴めば簡単にできるようになります。

TOP > 関連ページ > トイレのしつけ方

柴犬専門サイト

トイレのしつけ方

柴犬のしつけの中でもとても大切なのがトイレのしつけです。柴犬を室内で飼う場合はもちろん、外でも砂場にせっかく作ったトイレにしなければ通行人や住人にとっては大迷惑ですから、できるだけ早くしっかりした習慣をつけることが大切です。

柴犬のトイレのしつけの基本は合図を教えること、そしてタイミングが来たら誘導してあげることです。また合図は言葉で十分です。

シッシ!などの言葉を使いながら誘導してあげれば場所も覚えますし、徐々に1人でも行けるようになるものです。柴犬が子犬のうちはいつすればいいかのタイミングもわかりませんので、合図が来たらできるのはとても便利です。

トイレがうまくできたら褒めてあげることも大切です。他にはおやつをすぐにあげてしまう飼い主さんも多いようですが、トイレの回数を考えるとあまり良いことだとは言えません。

それよりもしっかりと褒めてあげること、もちろん食事やおやつの時間と重なったらすぐにでも与えてしまって構いません。褒めてあげるだけでも十分にご褒美として通用しますし、できれば大袈裟なほど褒めてあげることです。

では失敗してしまったらどうするか、何度かしつけているにもかかわらず、という場合ですが、叱ったり叩いたりするのはよい方法ではありません。

おしっこやウンチをすることがよくないことだと柴犬が勘違いしてしまいますので、静かに掃除をしてあげること、またできるだけ早く掃除をしないと、柴犬がマーキングする場所と勘違いすることもありますので注意してください。

始めのうちのタイミングとしては運動後や食事後、寝起きなどです。ですのでこのタイミングでトイレに連れて行ってしっかり観察します。

シートに無事に終われば基本的なしつけは十分にこなせると言えます。後は習慣ですが、ここまでできればかなり進歩しているとも言えますので、焦らないことが大切です。

もしあなたが、柴犬を飼っていてなかなか言うとおりにトイレをしてくれないと悩んでいるのであれば、遠藤和博先生のしつけ教材を一度試してみることをお薦め致します。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じように柴犬のしつけに悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、遠藤先生のやり方を実践したところ、短期間でとてもいい子な柴犬にすることに成功しています。

ですので、きっとこの方法があなたの柴犬をとてもいい子にするきっかけになると思いますので、今すぐ詳細をチェックすることをお薦め致します。