柴犬を購入するときの選び方や注意点について

TOP > 関連ページ > 購入時の選び方や注意点

柴犬専門サイト

購入時の選び方や注意点

柴犬を選ぶ場合、まず信頼できるペットショップやブリーダーを探すことが肝心です。

コミュニケーションがよくできる方がいれば、よく相談しながら子犬を選んでいくことができます。

衝動買いする方も増えていますが、同じ柴犬でもサイズも色も顔形にもたくさんの種類があります。

また、柴犬は雌のほうが性格が穏やかで、その分飼いやすいと言われています。デメリットは生後半年経過すれば生理が始まること、つまり室内を汚してしまったり、散歩中に雄が寄ってきて飼い主さんも対応に慌ててしまったりと、やっかいな場面も目立ちます。

雄は元気な分このようなデメリットはありませんが、馴れ馴れしかったり、しつけがヘタな場合は暴れることが多くなったりします。どちらも避妊や去勢手術によって性格も変わりますが、やはり取り扱う担当者に相談することが良いです。

また室内で飼おうか外に置こうか迷う方も多いようですが、柴犬は丈夫ですから多少の環境の変化にもびくともしません。外ではしっかりと役目を果たし、室内でも綺麗好きで従順、常によきパートナーとして振る舞ってくれます。

柴犬は世話も焼けますが、それだけ飼い主さんとの信頼関係も築きやすく、その分だけ飼い主さんにとってもかわいがる甲斐があると言うものです。子犬で飼っても顔のスタイルが大きく変わるわけでもありませんので、余裕を持って選ぶことができます。

能力、性格、行動の仕方など、家族の一員として、つまり人間の子供のように把握してあげることです。そのためには相性もありますので、選ぶときにはある程度感覚的な部分も大事にしておくことが肝心です。

柴犬でも他の犬でも、飼うことはたやすいことでは決してありません。かわいいな、というだけで飼うのは犬も可愛そうですので、柴犬のことを十分に知った上で、飼って上げるのが理想です。

もしあなたが、柴犬の正しい飼い方やしつけ方をもっと詳しく知りたいのであれば、当サイトでは遠藤和博先生のDVD教材をお薦め致します。

遠藤先生は2006年、2007年にはTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも有数なドックトレーナーです。

そして、遠藤先生のやり方を実践した、延べ10000人の飼い主さん達が、短期間で柴犬の正しい飼い方やしつけ方をマスターし、正しい主従関係を築くことに成功しています。

遠藤先生のDVD教材の詳細は下記より確認することができますので、今すぐチェックしてみてください。きっと、遠藤先生のしつけ方法があなたと柴犬とのより良い関係を築く、第一歩になるはずです。