柴犬のシャンプーやお手入れの方法について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

TOP > 関連ページ > シャンプーやお手入れ方法

柴犬専門サイト

シャンプーやお手入れ方法

柴犬にとっては不思議な世界です。

汚れを落すだけではなく、ノミやダニなどのアレルギーのケアにも大切な、柴犬を清潔に保つための要のケアとも言えるシャンプーは、ワクチンの接種が済む生後2ヶ月程度から始めるのが理想的です。

また、それまでは蒸しタオルなどでまんべんなく体を拭いてあげるようにしてください。

柴犬にとってシャンプーはかなり不思議な世界とも言えますので、浴室にいきなり連れて行ってお湯をジャーっとかけると、とても驚いてしまいます。

ですので、飼い主さんがシャワーを浴びている状況を見せてあげたりしながら、徐々に場所の雰囲気に慣れさせることも大切です。

また、頻度としては月に1、2回程度で十分です。というよりあまりやりすぎると、柴犬の毛や皮膚が傷つきやすくなります。他には体調不良でぐったりしている場合や皮膚病にかかっている場合は、獣医さんに相談してから行うようにしてください。

柴犬をシャンプーするときのやり方としては、まずブラッシングをして毛を慣らしてから行います。道具はバスタオルやドライヤー、スリッカーブラシ等が基本です。

35度程度のぬるま湯を足から腰、背中と徐々に顔に向けてかけていき、顔に来たら耳に水分が入らないように注意します。顔にお湯をかけるとほとんどの柴犬は大抵嫌がりますので、濡れた手やスポンジで濡らしていくのが効率的です。

洗い終えたら泡などが皮膚に残らないようにしっかりとすすぎをしてください。ここでしっかりとすすぎをしないと、柴犬が皮膚病になってしまうことがありますので、念入りに洗い流すことを心掛けてください。

そして、乾かす時はバスタオルで包むようにして拭き取ります。また合図をして身震いさせるのも方法です。身震いさせるとかなりの水分が飛びますので、前もって準備しておくことが良いでしょう。

ドライヤーで乾かしてあげる場合は、30cm程度離してかけること、またブラッシングしながらアンダーもよく乾かすことが大切です。

犬の肛門腺のケア、ここが詰まると痒みが出ますので、シャンプーと平行するのがコツですが、初めのうちはトリマーや獣医さんに習うとよいと思います。