柴犬の無駄吠えはあるしつけ方をマスターすればすぐに止めさせることが出来るようになります。

TOP > 関連ページ > 無駄吠えのしつけ方

柴犬専門サイト

無駄吠えのしつけ方

まずは下記の動画をご覧下さい。遠藤先生が吠え叫ぶわんちゃんを、
“たったの2秒”でおりこうさんにしています。

柴犬はとても飼いやすい犬種です。

せっかく飼ったかわいい柴犬も無駄吠えが増えてくると、周囲の人にも迷惑をかけてしまいますし、飼うのが面倒になってしまうこともあります。

やはりできるだけ早くしつけることが肝心です。また吠える事自体全面的に悪いわけではありません。吠えるにも目的、原因がありますので、それをしっかり掴んでケースバイケースで対処することが大切です。

散歩や誰かが訪問したなどの場合に無駄吠えをしてしまうのは、ほとんどの柴犬に当てはまることです。つまり知らないものでもそうですし、新しいものを見たら吠えるのは犬の習性とも言えますので、この場合はあまりきつく叱らないことが大切です。

また、柴犬が子犬のうちから色々なことに慣れさせておくことも大切です。他人に挨拶をするようにしつけるのもよい方法ですし、他の犬にたくさん出会うことも大切です。

他には留守番の時に柴犬はよく無駄吠えをすることがあります。この場合も集合住宅などでは大迷惑に発展しかねません。まず留守番自体を経験したことがないのであれば、しっかり留守番をしつけるのが肝心です。

柴犬は不安になったり、1人で置いていかれたなどと感じてしまうと、吠えることはほとんど止められなくなってしまいます。5分や10分の留守番から初めて留守番時のおもちゃや食事のケアをしっかりすればほとんど大丈夫です。

また柴犬はサイズが大きいと特に庭先で飼われることも多いですが、庭での無駄吠えもあります。またこのケースでは原因がかなり多様になってきますが、原因をつきとめないとなかなか解消することはできません。

他の動物が通った瞬間から吠え続けたりするケースも多いですが、とにかく何が原因か分かればすぐにでも対処できるはずです。

柴犬を外で飼う場合、どうしてもスキンシップが少なめになってしまいます。例えば飼い主さんがいる部屋の方向に向かって吠えることもありますので、やはりできるだけ多くそばでかまってあげることが大切です。

もしあなたが、何をやってもなかなか柴犬が無駄吠えを止めてくれないと悩んでいるのであれば、当サイトでは遠藤和博先生のDVD教材をお薦めしております。

遠藤先生は2006年、2007年にTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている、日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じように柴犬の無駄吠えで悩んでいた延べ10000人の飼い主さん達が、遠藤先生のやり方を実践したところ、短期間で無駄吠えを止めさせることに成功しています。

ですので、遠藤先生のやり方があなたの柴犬の無駄吠えを止めさせるきっかけになると思いますので、今すぐ詳細を下記より確認してみてください。とてもお薦めのしつけ教材です。